男性タレント

【画像】森永卓郎の現在が痩せすぎで心配!激痩せの理由は病気!ステージ4のガンだった

日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント、獨協大学経済学部教授の森永卓郎さんが激痩せに心配の声が上がっています。

どちらかと言えばふくよかな印象だった森永卓郎さんですが、2024年現在はかなり痩せています。

今回は森永卓郎さんの激やせについて解説していきます。

森永卓郎の現在が激痩せ!理由はすい臓がん?

森永卓郎さんは一時期ライザップで20キロのダイエットに成功し激やせしたため、痩せた原因はまたダイエットかと思われていました。

森永卓郎さんが2024年に痩せた理由についてはしっかりとはわかっていませんが、おそらくすい臓がんによるものだと思われます。

 

ガンになってしまった場合、様々な要因で体重の減少が見られます。

がんの代謝活動

がん細胞は通常、正常な細胞よりも高い代謝活動を示します。

がん細胞はエネルギーを大量に消費し、栄養素を摂取して成長し増殖します。

このため、がんが進行すると患者の体内でエネルギーと栄養素ががん細胞に優先的に消費され、体重減少が生じる可能性があります。

摂食障害

がんやがん治療に伴う症状や副作用は、食欲不振、吐き気、嘔吐、口内炎などの摂食障害を引き起こすことがあります。

これらの症状が食事摂取を制限し、栄養不足を引き起こすことがあります。

腫瘍の場所

がんの部位や場所によって、体重減少の程度が異なることがあります。

例えば消化器系のがん(胃がん、膵臓がんなど)は、摂食や栄養吸収に直接関与しているため、体重減少がより顕著に現れることがあります。

炎症反応

がんは炎症を引き起こすことがあり、炎症反応は体内のエネルギーを増加させ、代謝を活性化させます。

これにより体重減少が促進されることがあります。

心理的要因

がん診断や治療に関連して、ストレスや不安が増加し、食欲を減少させることがあります。

また、がん治療に伴う精神的な負担も食事摂取に影響を与える可能性があります。

抗がん剤の影響

抗がん剤治療は、吐き気、嘔吐、口内炎、食欲不振などの副作用を引き起こすことがあります。

これらの理由から森永卓郎さんが痩せたのはがんの影響が大きいと考えられます。

森永卓郎の激やせした現在と若い頃を比較

若い頃というか、森永卓郎さんと言えば以下のようなイメージですよね。

こちらがライザップで痩せた頃の森永卓郎さんです。

そしてこちらが2024年現在の森永卓郎さん。

かなり痩せて別人になっていることがわかりますね…。

森永卓郎の現在はすい臓ガンのステージ4を公表

前述の通り、森永卓郎さんはすい臓ガンのステージ4であることを公表しています。

すい臓ガンは初期段階ではほとんど症状が現れないことが多いため、診断された時には既に進行している場合が多いです。

すい臓がんとは?

すい臓がんは、すい臓(膵臓)と呼ばれる臓器で発生するがんのことです。

すい臓は消化酵素を分泌し、血糖値を調節するインスリンを産生する重要な臓器です。

すい臓がんは一般的に早期に症状が現れないため、進行した段階で診断されることが多いことがあります。

すい臓がんの主な症状には、以下のようなものがあります。

  1. 腹痛:上腹部や背中に持続的な痛みが生じることがある
  2. 消化器症状:食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、便秘などの消化器症状が現れることがある
  3. 体重減少:意図しない体重の減少が起こることがある
  4. 黄疸:黄色い皮膚や白目が現れることがあり、これは胆管が閉塞されることによるものです

すい臓がんの原因はまだ完全には解明されていませんが、喫煙、肥満、遺伝的要因、慢性膵炎、高脂血症などがリスク要因として関連付けられています。

すい臓がんの診断は、画像検査(CTスキャン、MRI、超音波)、血液検査、膵臓生検などを通じて行われます。

治療法には手術、化学療法、放射線療法、標的治療などが含まれます。

ただし、すい臓がんは早期に発見されることが難しいため、予後が良くないことが多いことがあります。

昔から森永卓郎さんが出ている番組をよく見ていた身としてはまた元気な姿を見せてほしいと願うばかりです。

error: Content is protected !!