話題

石丸伸二市長が大噓つきと言われる理由6選が衝撃!真相を解説!

安芸高田市の市長、石丸伸二さんですが、一部では「大噓つき」「噓つき常習者」「嘘つき仮面」と言われているようです。

しかし調べてみたところ、大嘘つきと言われるのは認識の違いだっただけであり、石丸市長が大嘘つきというのはデマです。

それどころか石丸伸二市長は多くの方から支持されており、一部のアンチのせいでこのように言われてしまっているようです。

今回は石丸伸二市長が大噓つきと言われている理由6選について解説していきます。

石丸伸二市長が大噓つきと言われる理由

大嘘つきと呼ばれる理由①居眠り事件

2020年9月に市議会中に居眠りをした議員が石丸市長によって叱責されました。

事件に関する両者の意見は以下の通りです:

  • 居眠り議員側の意見: 議員は「無呼吸症候群により一過性の脳梗塞を起こしていた」という医師の診断書を市長に提出しましたが、市長は「見ていない」と述べ、居眠りに関してこれ以上の説明をしないとしました。
  • 市長側の意見: 石丸市長は診断書を受け取ったものの、個人情報が含まれていたため内容を確認せずにシュレッダーにかけたと述べ、居眠り議員に説明責任を果たすべきだと主張しました。

この事件は、市長と市議会との間の溝を深める要因となりました。

議員側からは、市長が嘘をついているとの見方がされています​​。

大嘘つきと呼ばれる理由②恫喝発言

2020年9月、市長にとって市議会初参加となる9月定例会で居眠りしている市議がいたことについてX(旧Twitter)で指摘したところ、議会から呼び出しを受けたと発言。

ここで恫喝?ありという表現を用いています。

その後、恫喝を名指しされたとされる山根議員が2021年6月9日に「名誉を傷つけられた」と500万円損害賠償を求める訴えを起こしています。

 

2021年3月に山根議員より音声データが公開されており、こちらを聞いたところ双方の立場の違いから意見の相違があった可能性が高いと思われます。

  • 市長側→非公式に呼び出され議員さんたちから囲まれた状況で圧力を感じるのは妥当
  • 議員側→正当な意見を伝えているので圧力をかけたとは思ってもいない

『市長の取り方。恫喝されたといえば恫喝だろうし、注意されたといえば注意だろうし、アドバイスといえばアドバイスだろう』と山本議員からは養護する発言も見受けられます。

 

本件に関し、2023年12月27日に広島地方裁判所は「市長の発言や投稿は真実とは認められない」として、安芸高田市に対し33万円の支払いを命じる判決を言い渡しています。

石丸伸二さんは今回の判決に対し

『議会を敵に回すと政策が通らなくなりますよ』の言葉どおりの動きになっている。その事実を公に示すことができた。

よって、当初の目的は完遂したと評価している

このようにコメントしています。

大嘘つきと呼ばれる理由③アプリ(SPOBY)問題

安芸高田市が取り組んでいる健康、経済、環境の課題解決を図るというSPOBYというアプリについての石丸市長のX(旧Twitter)発言で

  • 世界初の技術 
  • 全国初の取り組み 

ということについて嘘を言っていると取り上げられたこともあるようです。

たしかにSPOBYのHPを確認しても世界初という謳い文句は乗っていません。そして、帯広市が2020年9月に本格参入と記載もあります。

ですが、こちらも表現の違いの可能性が高いように思われます。

 

石丸市長はこの発言で詳しくどの技術について世界初とは書いていませんので、技術の中で世界初と捉えている部分があったのでしょう。

そして、安芸高田市が取り組んでいるもので全国初の取り組みのポイントもあるのかもしれず全くの嘘とは言い切ることはできないところです。

大嘘つきと呼ばれる理由④トライアスロン大会への参加

2022年9月19日、安芸高田市に台風が最接近するという予報の中、前日に市長が千葉県でトライアスロン大会に参加

連絡が取れなくなるのは正味30分と言っているが、実際には2時間余りだから嘘をついている、とも言われています。

確かにレースは2時間余りありますが、「トライアスロン中も携帯はしていたので連絡は取れる。」と発言しています。

スイム中は水中のため連絡がつかないので「正味30分は」と言っていたことも間違いないと思われます。

そもそも17~19日は3連休で公務がないプライベートな日でした。


しかも暴風警報が発令され災害対策本が設置された夕方には安芸高田市に戻っていて、実際に台風が接近した19日には朝から対応できる状況で待機していたそうです。

事前に対策は立ててからトライアスロンに参加しており、市長不在時の代行代理も決まっていた状況を見ると問題ないと言えます。

大嘘つきと呼ばれる理由⑤選挙ポスターの制作費

2023年5月に選挙ポスターの制作費について未払い分について広島地裁の判決で支払いを命じられました。

安芸高田市の「選挙運動費用の公費負担に関する条例」

第6条及び9条 候補者は、第12条2項及び3項で定める額の範囲内で、選挙運動用ビラ及びポスターを無料で作成することができる。

とあり、市長側は条例に則って公費負担分のみと認識していたため、差額の支払い命令は選挙費用を公費で負担することが前提の選挙制度に反すると控訴しています。

控訴審は12月13日に結審予定です。

結審がまだのため嘘つきとは言い切れない状況です。

条例の捉え方が違うことにより発生してしまったようです。

 

大嘘つきと呼ばれる理由⑥山本議員から「大嘘の発言はやめてください」と発言

2023年6月に開催の令和5年第2回定例会内で山本議員からそういう大嘘の発言はやめてください」と発言を受けました。

ここで『大嘘』という言葉が出たために石丸市長は大嘘つき、という話題が上がる要因ともなっているようです。

こちらも議員とのやりとりが見解違いで嘘をついているわけではないと言えそうです。

  • 委員会に参加して報告するように
  • 説明責任を果たしていない

と山本議員より発言がありましたが、実際には協議会に送る報告はしたが、議会・議長が拒否したため報告がきちんと完了されていなかったことが原因のようです。

そして委員会・予算の審議ですでに説明している内容だったにもかかわらず説明しろと言われたために対応したところ、自分の見解と違っていたためか大嘘つきと言ってしまったようです。

石丸市長はきちんと説明をしていますのでこれに関しては全くもって嘘ではないと言い切ることができます。

まとめ

石丸市長は大嘘つきではない、と言えます。

今までの政治家にはない攻めた姿勢の市長のため、既存の議員さんとの意思疎通が上手くいかず衝突することも多く、ネット上で発言が話題になりやすいようです。

メディアを効果的に活用しようとする市長なので、話題性のある発言や行動をすることで昔ながらの活動をしている人たちにとっては反感を買うこともあるのではないでしょうか?

対立構造が目立ってしまっている状況なので今後は、お互いに意思疎通を図って双方協力できるように行政を進めてほしいと思います

新しい市長の姿で安芸高田市を良くしようとする石丸市長、これからの活躍に期待が持てます!

error: Content is protected !!