話題

猫ミームとは何?元ネタは売れ残りの猫でハッピーじゃない!素材・音楽も紹介!

2024年現在、ネットで大流行している猫ミーム。

癖になって何度も見てしまいがちですが、動画の意味や元ネタについては意外と知らない人が多いようです。

今回は猫ミームの意味、元ネタ、使われている曲などについて紹介していきます。

猫ミームとは?意味を解説

「猫ミーム」とは、猫の動画や画像を使った面白い動画のことです。

日本で流行っている猫ミームはストーリー仕立てになっているものが多く、Twitter、Tiktok、YouTube等で一大ブームの兆しを見せています。

また、日本だけでなく世界中で猫ミームが大バズリしています。

猫ミームの例↓

猫ミームは特に2023年頃からTikTokやYouTubeで流行し始めました。

猫ミームは、日常の面白いシーンや悲しい出来事等を、猫の動画を組み合わせて表現しています。

例えば悲しい出来事なのに、猫を出すことであまり悲しく見えず、ポップに面白く見せられるというのが最大の特徴だと思っています。

こういった動画なんかは実写で再現したらかなり暗くなりそうですよね↓

猫ミームはとにかく猫が可愛いから退屈せずに動画を見れるくらいに思っておきましょう。

一部では「猫マニ」とも呼ばれており、海外では「cat meme」として知られています。

 

TikTokでの猫ミームは、「彼氏(彼女)との日常」や「友人との楽しい時間」などをテーマにしたものが多く、

Twitterでは「独身リーマンの一日」や「ちょっと大人の日常」など、少し異なるテーマで作られることが多いです。

ちなみに猫ミームは主にニコニコ動画で人気を博した一連のネタ動画シリーズ、「野〇先輩」の猫版とされているそうです。

「〇獣先輩」はTwitterをやっている人なら知らない人はいないくらい知名度が高いと個人的には思っています。

猫ミームに使われている曲は?

猫ミームに使用されている曲で特に有名なのは以下の2曲です。

  • My Happy Song
  • Dubidubidu

主に上記2つです。

猫ミームに使われている曲①My Happy Song(ハッピハッピハッピー)

猫ミームに使用されている曲の一つ目は「My Happy Songで、可愛らしい声で「ハッピハッピハッピー」と歌われています。

この曲はその名の通り、幸せな気持ちを表現しており、歌詞には繰り返し「ハッピーハッピーハッピー」というフレーズが登場します。

リズムとメロディーが楽しく、子供たちにも人気があるようですね。

ちなみに、私の子供がYouTube大好きで毎日この動画を見ていたので、今でも耳に残っていますw

そのくらい子供たちにとっては魅力的な曲なのかもしれませんね。

猫ミームに使われている曲②Dubidubidu(チピチピチャパチャパ)

猫ミームで使用されているもう一つの有名な曲は「Dubidubidu」という曲で、チリの5歳の女の子が歌ったものです。

「Dubidubidu」の猫ミーム動画↓

この曲はラテン系のリズムで「チピチピチャパチャパ」というフレーズが特徴的です。

Dubidubiduは、チリの5歳の女の子、クリステルによって歌われている曲です。

この曲は、彼女がチリの人気音楽番組に出演して優勝した際に記念として制作されました

歌詞の意味は明確でないものの、そのキャッチーなリズムとリフレインが印象的です。

日本で流行していることを本人も知っていた

ロイター(Reuters Japan)が投稿した動画には、「チピチピチャパチャパ」を歌っていた少女・クリステルが大人に成長し大きくなった姿が映っています。

そしてなんと日本で自身の歌が流行っていることを認知していました。

2024年から20年前の出来事だそうで、クリステルの年齢は26歳だそうです。

『チリの歌手、クリステル・ロドリゲス』と紹介されているため、現在も歌手活動を続けているのかも?

【猫ミーム】チピチピチャパチャパの本家は5歳の歌手!原曲や元ネタは?歌詞の意味が衝撃

サラっと歌っただけですが歌がめちゃくちゃうまいですね。

猫ミームの種類・元ネタや素材を紹介!

猫ミームにはさまざまなバリエーションがあるので紹介していきます。

猫ミームの種類①happy catの元ネタがハッピーじゃなかった

猫ミームの発祥は、2015年に海外の動画共有サイトであるImgur(イミジャー)に投稿された動画が始まりとされています。

この動画は、飼い主が帰宅した際にガラス越しに飛び跳ねて喜ぶ子猫の姿を捉えたもので、その可愛らしさが注目を集めました。

と、ここまでがネット上の記事の元ネタ解説なのですが、実はこの猫は飼い猫ではなかったと判明しました。

元ネタ(素材)は2015年に日本の方が投稿された動画で「閉店するペットショップの猫が、お客さん(撮影者)を見てぴょんぴょん飛び跳ねている姿」だったようです。

閉店前にまだお店にいるということは…この猫はどうなってしまったのでしょうか。

しかしそのような事情を知らない人からすると、ぴょんぴょん飛び跳ねているかわいい猫にしか見えないので、猫にダンスをさせたり、背景を切り抜いたりする動画を作成する流行が始まりました​​。

ただ、この動画の後に別店舗に移動したという情報もありますが、どのみちその後の情報は不明です。

猫ミームの種類②「は? 」という猫とヤギ(huncat)

「huncat」ミームは、ヤギと猫を使ったユニークなネットミームです。

このミームでは、ヤギが早口で意味不明な言葉を話し、それに対して猫が「は?」と反応する様子が描かれています。

猫が主人公(投稿主)、ヤギは悪者として描かれることが多いそうですね。

ヤギの元ネタ

ヤギの元ネタは以下の動画です。

動画を見てわかる通り、実際のヤギが猫ミームの動画のような鳴き声を発しているわけではありません。

音声はアメリカのYouTuberで、オンラインストリーマーのIShowSpeedという方の加工音声を使用しています。

こちらの動画の発狂部分がヤギの声の元ネタになっているそうです。

猫の元ネタ

猫の方はオーストラリアで飼われている猫の「ベン(Ben)」ちゃんです。

野太い声ではなく、実際はめっちゃ可愛い鳴き声をしています。

@benchonkycat complaining about his diet#diet#benchonkycat#huh ♬ 순정 – KYT

「はぁ?」と言っているような表情は加工されたものではなく、実際にそのような姿をしていることがあるため、その様子が切り抜かれて使われています。

猫ミームの種類③Cat Dances to Girlfriend Meme

“Cat Dances to Girlfriend Meme”は、アヴリル・ラヴィーンのヒット曲「Girlfriend」に合わせて踊る猫を描いた人気ミームです。

このミームでは、猫が飼い主に腕を持たれながらリズミカルに動く姿が特徴的で、猫の動きが曲のビートに合っているように見えます。

この動画は、主人公(投稿主)が何かを楽しみにしているようなシチュエーションや、前向きな気持ちを表現するためによく使用されます。

猫ミームの種類④頭を抱える子猫の猫

「Dramatic Kitten」または「Screaming Cat」とも呼ばれます。

このミームは、大げさに頭を抱えながら鳴き声を上げる子猫の動画がもとになっています。

絶望や大きな失敗、恐怖などの感情を表現するために利用されることが多いです。

ちなみに病気を心配する方が多いようですが、健康な子猫だそうです。

@andy_sporehkg #foryou #meme #cat #snoring #funnyvideos #hahaha #fyp #douyin ♬ original sound – Andrew

「いびきをかく猫」または「Sleeping cat meme」は、猫が寝ているときにいびきをかく様子を描いたミームです。

猫がエジプト座りの姿勢で眠りながらいびきをかく様子が描かれています。

猫ミームの種類⑥EDMを踊る猫 (Cat dancing to EDM)

@picky_pipi No more mukbang today,I will dance for everyone today.#cat #cutecat #pets #petvlog #fyp #dance ♬ original sound – PiPi🐱

登場人物が何かを楽しみにしている時に使われることが多いです。

猫ミームの種類⑦パクパクする猫

「パクパク」という効果音に合わせて口を大きくしたりする猫です。

元ネタはPOPCATというゲームだと言われています。

猫ミームの種類⑧カリカリ猫

@monkeycatlunaI’m the destroyer of dryfood♬ Je te laisserai de mots – noel.smt

美味しそうにご飯を食べている猫が元ネタです。

動画の通り、猫ミームでも食べている時によく使われます。

猫ミームの種類⑨ドライブ猫 (Driving cat)

車のハンドルを操作する猫のミーム。

 

この投稿をInstagramで見る

猫ミームで見ていた時は面白かったのですが元ネタを見ると結構ひやひやします。

猫は手を置いているだけかもしれませんが、事故でもしたら真っ先に猫がフロントガラスに飛んでいくと思うので危ないですよね…。

海外の法律的に大丈夫なんでしょうか。

BGMは「MO3&OG Bobby Billions – Outside」となっています。

猫ミームの種類⑩叩く猫と叩かれる猫 (Cat punching another cat)

@yadro.greenscreen Cat Hits Another Cat Meme Template #cat #catmemes #catmeme ♬ original sound – yadro.greenscreen

かわいいけどかわいそう。

このミームは、上下関係がある人に説教されるときに使用されることが多いです。

例えば、親と子、上司と部下などです。

この二匹は全く違う国で飼われているそうで、二匹の猫を合成させただけのようです。

説教猫の元ネタ↓

@yadro.greenscreen Talking Cat Meme Template #catmeme #catmemes #cat #talkingcat ♬ original sound – yadro.greenscreen

猫ミームの種類⑬悲しい顔と声の猫(Sad Cat Meowing Meme)

@wonderfulday.52 It’s really frustrating not having dinner.#lovely #record #funny #interesting #cat #cutepet #Catsmeow ♬ 原声 – Wonderful Day

「Sad Cat Meowing Meme」と呼ばれる猫のミームですが、こちらは先ほどの説教猫とセットで使われることが多いです。

前述の通り説教猫とは違う国で飼われているそうです。

また、実際には猫が食べ物を求めている時の様子を撮影したものとのことです。

とても悲しそうに見えますがどれだけお腹が空いていたのでしょうか…。

まとめ

猫ミームはストーリー仕立てになっており、かわいい猫のおかげでどんな動画も楽しく見れます。

そして猫ミームの元ネタは様々な種類があって面白いですね!

【猫ミーム】チピチピチャパチャパの本家は5歳の歌手!原曲や元ネタは?歌詞の意味が衝撃

猫ミームはなぜ流行った?きっかけのカナダ留学動画を解説!人気の理由も

error: Content is protected !!