話題

【動画】相沢友子のwiki経歴がすごい!元歌手でCM・ドラマ出演も脚本家に!

セクシー田中さんの脚本を務めた相沢友子さんは、現在は脚本家として活躍されていますが、実は昔は歌手・女優としても活動していました。

そんな相沢友子さんがなぜ脚本家になったのでしょうか。

相沢友子さんの経歴を見ていきましょう。

相沢友子のwiki経歴!元歌手(シンガーソングライター)でCM出演も脚本家に転身!

1991年:歌手デビュー

相沢友子さんは、高等学校在学中に文化放送でコンサートリポーターとして活動していました。

相沢友子さんが詞を書いていたところ、ソニーミュージックのスタッフに発見され、1991年3月、19歳の時に「Discolor days」で歌手デビューを果たしています。

相沢友子さんは歌手としての活動を終えるまでに6枚のシングル、4枚のアルバムを発表しています。

また、シンガーソングライターとして自分の曲の歌詞を作詞したりするのはもちろん、歌手の加藤いづみさんに楽曲提供もしていました。

現在は脚本家ですが、この頃の経験が活きているのかもしれませんね。

ドラマ主題歌、本人出演CMにも起用される

「女の子たち」がチョーヤ梅酒のCMソングに起用、CMには相沢友子さんご本人も出演しています。

カラッポの記念日は1995年1~2月に放映されたTBS系列の昼帯ドラマ『とっても母娘』の主題歌に起用されています。

どちらもめっちゃ良い曲ですし、歌が上手いです!

1995年:人気ドラマに出演!

1995年フジテレビ系で放送された、江口洋介さん主演の『僕らに愛を!』に『沢井薫子』役で出演しています。

『僕らに愛を!』は月9の枠で放送されており、今でこそ視聴率は下落していますが、この頃の月9と言えば高視聴率を連発する枠でした。

東京ラブストーリー、ひとつ屋根の下、101回目のプロポーズ、HERO等が放送されていた枠です。

『僕らに愛を!』は以下の視聴率を記録しています。

  • 平均視聴率: 18.2%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)
  • 最高視聴率: 22.4%(最終話)

当時の他の月9と比較すると飛び抜けて高かったわけではないですし、皆がテレビを見ていた時代なので今とは比較できませんが、ドラマで最高視聴率22.4%は驚きです。

(2023年に大ヒットしたドラマ『VIVANT』の最高視聴率が19.6%)

名前がちゃんとある役でこのような人気ドラマに出演するのはすごいですね!

 

1997年には、同じくフジテレビの田村正和さん主演『総理と呼ばないで』に出演しています。

こちらは役名が事務員となっており、完全な脇役だったのかそもそもそういったキャラの名前なのかは不明でした。

歌手活動は上手くいかず…2000年に脚本家に転身

輝かしい活動が続くと思っていましたが、歌手の道は上手くいかなかったようです。

音楽の道がうまくいかず事務所と契約が無くなり、何もしてない時期を過ごした」と語っています。

芸能界は厳しいですね…。

事務所を辞め、フリー直後にホリプロ時代のマネージャーに「小説を書き、賞を狙ってみては?」と勧められた相沢友子さん。

相沢友子さんはほぼ歌詞しか書いていなかったそうで、やれることといったら書くことだなと思い、藁にもすがる思いで小説『COVER』を書いたそうです。

1999年に第15回太宰治賞の最終候補作に小説『COVER』がノミネートされ、その結果として2000年に『世にも奇妙な物語』で「記憶リセット」で脚本家デビューしました。

相沢友子のwiki経歴!脚本作品がすごい!

脚本家に転身後は様々なドラマ、映画に関わっています。

そして有名作品も多数手がけており、相沢友子さんのすごさがうかがえますね!

主な脚本作品:テレビドラマ

タイトル 備考
1999 DG TV DI:GA「UNIVERSE」「SNOW KISS」「Love Things」
2000 世にも奇妙な物語 春の特別編「記憶リセット」
悪いこと「盗む」
やまとなでしこ 第5話・第8話
2001 17年目のパパへ
ココだけの話「不機嫌なめざめ」
私を旅館に連れてって 第1話 – 第4話・第6話・第7話・第9話 – 第12話
江國香織クリスマス・ドラマスペシャル「温かなお皿」
2002 世にも奇妙な物語 秋の特別編「昨日の君は別の君 明日の私は別の私」
LOVE & PEACE(DVD)「君がいるだけで特別な街、特別な場所」「Thanks」
恋ノチカラ
2003 天国のダイスケへ〜箱根駅伝が結んだ絆〜
いつもふたりで
エ・アロール
2004 めだか
2007 秋の特別編「48%の恋」
2008 鹿男あをによし
2010 ギルティ 悪魔と契約した女 「原案」
2012 鍵のかかった部屋 第1話 – 第5話・第7話・第10話 – 第11話
2013 ビブリア古書堂の事件手帖 第1話 – 第3話・第5話 – 第7話・第10話 – 第11話
女と男の熱帯
2014 鍵のかかった部屋 SP
失恋ショコラティエ 「越川美埜子」名義
2015 紅雲町珈琲屋こよみ
私の青おに
2017 人は見た目が100パーセント
龍馬 最後の30日
龍馬 最後の遺言
2019 トレース〜科捜研の男〜
2022 ミステリと言う勿れ
2023 セクシー田中さん 第1話 – 第8話

主な脚本作品:映画

タイトル 備考
2000 世にも奇妙な物語 映画の特別編「結婚シミュレーター」
2005 大停電の夜に 「カリュアード」名義で源孝志と共同
2009 重力ピエロ
2010 東京島
2011 プリンセス トヨトミ
2015 脳内ポイズンベリー
2017 本能寺ホテル
2021 さんかく窓の外側は夜
2023 ミステリと言う勿れ

ちなみにリアルサウンドとのインタビューでは、相沢友子さんは自らの脚本執筆スタイルについて語っており、作品に懸ける思いの強さがうかがえます。

細部にまでこだわり、「相手を見るタイミング」や「顔を上げる動作」、さらには「目の動き」に至るまで、ト書きに具体的に記述するといいます。

その一方で、相沢友子さんは「私が伝えたいイメージは詳細に書きますが、その後の演出は現場にお任せします」とも述べています。

相沢友子さんは、役者や監督・演出家との心の通じ合いを大切にしており、「恋ノチカラ」で主演を務めた深津絵里については、

「天才的な演技力を持つ役者です。彼女は私の期待を超える演技を見せ、想像以上のものを返してくれます。お互いの理解が一致した時の感動は格別です」

と感謝の意を表しています。

まとめ

相沢友子さんは現在は脚本家として様々な作品を手掛ける一流の脚本家ですが、元々は歌手・女優として活動されていました。

原作を壊すとも一部では言われていますが、多くの人に脚本が好まれているから今でも相沢友子さんは第一線で活躍されているのかと思います。

今後、相沢友子さんが脚本を書く時はどのようなストーリーになるのか楽しみです!

error: Content is protected !!